トンネルとタイヤ

2019/06/04

森の自然ほいくえん東本梅の園庭づくり⑥みんなで園庭づくり2日目-その2

タイヤをトンネルの入口にはめました。
実はこのタイヤ、1週間前(5/18)の参観日に取り組んだ時にはサイズがぴったりすぎてはまらなかったもの。
重機を支えるタイヤには、強靭なワイヤーが入っており、もうダメかと思われたのですが、サポート隊の森正春さんが木材の下見にいらした際(5/21)所長が相談してみたところ、偶然(!)持参しておられたサンダーで火花を散らしながら切れ目を入れ(!!)先生方と一緒にためしにはめてみたら…
「入ったーーーーー!??!!??!」…感動の瞬間でした。

キレイにはめるのがまた大変で、次の日(5/22)もいろいろな道具を持ってきてくださった森さん。
先生方も通常保育が終わった後、連日一緒に作業してくださり、片方が美しくはまりました。

そしてみんなで遊び場づくり当日は、もう片方のタイヤがはまるよう、サポート隊の日下部健さんと先生方がタイヤの周りを頑張って掘ってくださり、無事にトンネルの両側にタイヤがはまりました!

やったー!!!!

サポート隊の高向造園土木さんがあらかじめ運んできてくださった川の石を使ってキャンプファイヤーサークルを作りました。
炎天下での作業。硬い土をつるはしで掘りつつ、難解な石のパズルをきれいな円形に組んでくれました。ありがとうございました!

読んだ方の感想をお待ちしています!